HOME > 診療科・部門紹介 > 整形外科

整形外科は運動器の疾患を扱う診療科です。
身体の芯になる骨・関節などの骨格系とそれを取り囲む筋肉やそれらを 支配する神経系からなる「運動器」の機能的改善を重要視して治療する診療科です。

スポーツ傷害や交通外傷、労働災害などに代表される打撲、捻挫、骨折などの外傷や、変形性変化を伴う加齢疾患、 骨粗鬆症、関節リウマチ、痛風、運動器の腫瘍、運動器の先天性疾患などの診療をおこなっております。

高齢者の多くが、身体のどこかに痛みを訴えてみえます。
関節の加齢変化である変形性関節症は、ひざや腰など体重の負担がかかる部分に多くみられ、高齢者の骨関節痛には、注射や内服薬の他に運動療法や物理療法が効果的です。頑固な疼痛(とうつう)には、ペインクリニックも効果があります。

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)のための骨折も、当院で多く扱う疾患です。転倒によって大腿骨の頸部を骨折することが最も多く、回復力が弱っていますから長引いて、時として“寝たきり”の原因になります。

当院では各分野の専門医が手術を主に担当し、リハビリを手術後の早期から行うとともに、回復期リハビリ病棟での機能改善を目指します。

マルチスライスCT、MRI、エコー、DEXA等診断機器も充実しています。

専門外来の開設

当院の整形外科では、整形外科一般に加えて、それぞれの専門性を持った医師による専門外来を行なっております。
※診療時間や担当医は変更することがございます。 詳しくはお問合せ下さい。

下肢・人工関節専門外来

膝や股関節の変形や痛みのため、歩行・屈伸などが制限されると、日常生活 に不自由をきたします。
薬やヒアルロン酸の注射、リハビリ等のあらゆる保存的治療を行いますが、 どうしても痛みが取れない場合、人工関節という手術的治療になります。人工関節の手術後は痛みがとれ、1~2週で歩行が可能になります。

手術症例

外傷(骨折、靱帯損傷、半月板損傷など)

変形性膝関節症、変形性股関節症、リウマチの股・膝・足変形、外反母趾、陥入爪

脊椎専門外来

腰痛や下肢の痛み・しびれ・麻痺などをきたす脊椎・脊髄疾患に対し、専門的知識・技量を持った脊椎脊髄外科指導医(日本脊椎脊髄学会認定)が担当します。

※脊椎脊髄病学会指導医:脊椎脊髄病学会により認定され、整形外科学会認定脊椎脊髄病医であること、執刀あるいは第1助手として脊椎手術経験数300例以上(ただし執刀医として200例以上)、脊椎関連での業績5編以上、などが 認定要件として定められています。

対象疾患

腰部脊椎管狭窄症
腰椎椎間板ヘルニア腰椎すべり症
腰椎分離症
頚椎症
頚椎後縦靱帯骨化症
脊椎外傷
馬尾腫瘍

当院の整形外科で行なっている主な手術

人工関節置換術(膝・股)・大腿骨頚部骨折人工骨頭挿入術・骨折観血的整復術・腱鞘切開術・膝関節関鏡下手術・骨折経皮的鋼線刺入術・骨折後骨内異物除去術・腱縫合術・腱移植・手根管開放術・椎間板ヘルニア切除術・脊椎腫瘍摘出術・四肢切断術・靱帯断裂縫合術・腫瘍摘出術・骨移植術・アキレス腱縫合術・関節脱臼整復術・神経剥離縫合術 等

外来担当医表

午前 斉藤
佐藤
斉藤
佐藤
斉藤 漆原
斉藤
佐藤
佐藤
午後 佐藤 佐藤 休診 佐藤 休診
受付時間 8:00 ~ 11:30 / 13:00 ~ 16:00
診察時間 9:00 ~ 12:00 / 13:30 ~ 16:30

診療医師紹介

常勤 医師 斉藤 浩哉

日本整形外科学会 専門医
日本整形外科学会 認定運動器リハビリテーション医
日本整形外科学会 認定スポーツ医
日本整形外科学会 認定リウマチ医
日本整形外科学会 認定脊椎脊髄病医


非常勤 医師 漆原 信夫

日本整形外科学会 専門医
日本整形外科学会 認定スポーツ医
日本整形外科学会 認定運動器リハビリテーション医
日本整形外科学会 認定脊椎脊髄病医
日本リウマチ学会 専門医


非常勤 医師 佐藤 千尋


非常勤 医師 金 俊男

日本整形外科学会 専門医


診療科・部門紹介