HOME > 看護部 > 教育体制

教育理念

社会のニーズに応えられる専門職として、
豊かな心を持ち、個々の能力を十分発揮できる
自律した看護師の育成をする

教育目的

Ⅰ. 看護倫理に基づいた行動がとれ、自分も他者も大切にできる人間性を育む

Ⅱ. 科学的根拠に基づいた看護実践能力を養う

Ⅲ. 人として豊かな心を持ち、その経験を看護に生かせる人材を育む

Ⅳ. 専門職として、自律性を持ち、自己のキャリアの開発ができる人材を育む

平成28年度教育目標

1. 医療チームの一員として自覚を持ち、自分の役割を明確にする

2. 自己のキャリアの開発に貢献できるキャリアプロモートシステムを構築する

3. 組織を理解し、目標管理を活用し、課題を管理的視点で考えられる

4. 看護の専門的知識・技術・態度を習得し、臨床実践能力を向上させる

キャリアデザインの支援

現在、個々のキャリアデザインを支援する、「キャリア・デベロップメント・プログラム」の構築を進めております。
あなたのキャリアを前進させるために組織でサポートしていきます。
組織の3次元モデル(キャリアコーン)の考え方やクリニカルラダーを参考に、サポートシステムを構築中です。

自分は何をめざすのか?

自分の『ライフサイクル』による、ライフ ワーク バランス(育児・介護・その他)選択や、時には流れに身を任せる時間も新たなけいけんとなり、自分の貴重な経験になるのでは?

用語の説明

キャリアとは

自分の経験やスキル、ありたい将来像について考慮しながら、自らの持つ能力を生かすための仕事、職務の形成を進めていくこと。

キャリア デベロップメント(キャリア開発)とは

★キャリア開発とは
組織などのニーズに合致した能力を持つ人材の育成と、社員や職員のキャリアプランの実現を目指して行われる長期的、計画的な職務開発及び能力開発をいう。
キャリア開発は多くの場合、教育研修制度とジョブローテーションなどの異動・配置制度を組み合わせたCDP(キャリア・デベロップメント・プログラム)と呼ばれる諸施策によって実施される。

★キャリア デベロップメントとは
組織の人材ニーズと本人の希望とをすり合わせて、長期的な視点から、職員各人のキャリアを開発するプランを作り、このプランに従ってローテーションやOJTやOff-JTを行おうとするものである。

施設が支援する研修制度

あなたの目指すキャリアプランを組織が支援していきます。

認定看護管理者研修

ファーストレベル
セカンドレベル
サードレベル

医療安全管理者研修

認定看護師研修

感染管理認定看護師
救急看護認定看護師
皮膚・排泄ケア認定看護師
緩和ケア認定看護師
がん化学療法看護認定看護師
糖尿病看護認定看護師
手術看護認定看護師

乳がん看護認定看護師
摂食・嚥下障害看護認定看護師
認知症看護認定看護師
慢性呼吸不全疾患看護認定看護師
慢性心不全看護認定看護師
訪問看護認定看護師

湘南記念病院乳がんセンター主催の「ブレスト同好会の春の旅行」での講演会風景です。医療リンパドレナージセラピストの萬谷師長から「リンパ浮腫のお話し」を講義していただきました。
参加者の患者さまたちは、真剣に受講されていました。

学会認定資格研修等

医療リンパドレナージセラピスト
呼吸療法認定士
消化器内視鏡技師
糖尿病療養指導士
フットケア認定指導士
栄養サポートチーム専門療法士(NST看護師)

看護部