HOME > 湘南記念病院乳がんセンター > 治療について

かつては乳がんにかかると乳房を周りの組織ごと切除するのがあたりまえでしたが、近年の医療技術の進歩とともに乳房を残しながら、最小限の病巣だけ取り除く治療法が主流となってきています。

湘南記念病院 乳がんセンターではがんの進行の程度や患者さまのその後の生活、ご希望などを考慮に入れ、適切な治療方法を選択していきます。

一般的な乳がん治療の流れ

乳がん治療の変遷

1980年代まで主流であった乳がんの治療法は「定型的手術(ハルステッド法)」と呼ばれる手術法は病巣を乳房や大胸筋、腋下のリンパ節ごと切除する方法です。

これは他の組織への転移を防ぐために、 腫瘍の大小、年齢などといった個々の状態を考慮することなく、病巣の周辺の組織を広範囲に切除する術式です。乳房を取り去ることによる女性の美容的な損失や一緒に胸の筋肉を切除するため日常生活の機能的な損失をこうむることになります。
病巣以外の部分まで切除するため、「定型的手術」は他の組織への転移が少ないと考えられていました。

しかし、その後の臨床試験の結果、乳房を切除した場合と温存した場合では治療成績が変わらないことが分かり、現在では最小限の病巣だけを切除し、乳房を温存する「乳房温存術」が主流となってきています。

また、近年では乳房を切除し、体の形が変化してしまった場合でも、形成外科との連携で乳房再建が可能になってきました。

乳房温存術

乳房温存術は切除する範囲を極力小さくし、患者さまの術後の状態や生活に与える影響を最小限に止めようという治療法です。
切除する範囲はがんの大きさや広がりなどによって変わってきますが、乳房内の病巣付近と転移道筋となる腋窩リンパ節の一部を切除(郭清)することが一般的です。

しかし、術後の影響が少ないからといってがん細胞を取り残しては元も子もありません。

湘南記念病院 乳がんセンターではがん細胞の取り残しを防ぐため、外科医、病理診断医、放射線技師、看護師がさまざまな設備を用い、手術に臨んでいます。また再発や転移を防止のための術後の補助療法として薬物療法と放射線療法を併用しています。

センチネルリンパ節生検

乳房温存術の手術中に並行して行われる生体検査がセンチネルリンパ節生検です。

センチネルとは「歩哨」、「見張り」という意味で、乳房内のがん細胞が最初に到達するリンパ節がセンチネルリンパ節です。

がん細胞は乳房内にとどまっている限り、死に至ることはありません。リンパ腺を経由して他の臓器に転移することによりはじめて生命危機の可能性が出てきます。
乳房内のがんが乳房の外に転移するときはセンチネルリンパ節を通過してリンパ腺から体中に散らばっていきます。
ですから、センチネルリンパ節を生体検査し、ここに転移がなければ他のリンパ節や臓器への転移の可能性も少ないと考えられます。

かつては広い範囲で腋窩リンパ節の切除(郭清)をしたため切除した側の腕にリンパ浮腫などの合併症が発生することがありました。しかし、センチネルリンパ節生検の導入により、リンパ節の切除が小さな範囲で済むようになり、現在では術後の合併症が格段に減っています。

湘南記念病院 乳がんセンターではセンチネルリンパ節生検を行うための施設や病理診断医などのスタッフを揃え、患者さまの術後の生活のクオリティを落とすことなく、乳がん治療を行うよう努力してます。

薬物療法

薬物療法は抗がん剤やホルモン剤などを服用することによりがん細胞を小さくしたり、死滅させることを目的とした療法です。手術前にがん細胞を小さくして切除する部分をなるべく少なくしたり、手術後の再発防止や他臓器への遠隔転移を防ぐために用いられるます。

乳がんは主にホルモン受容体、HERタンパク、核異形度のポイントから分類され、それぞれ効果がある薬が変わってきます。

湘南記念病院乳がんセンターでは上記のタイプと合わせて、患者さまの体の状態(年齢や閉経の前か後か)、がんの程度(がんの大きさ、リンパ節切除の数)、その後のライフスタイル(出産や仕事)などの面を考慮し、どの薬をどのような組み合わせで使うかを総合的に判断します。

放射線療法

放射線療法は乳房内のがん細胞に放射線を照射することによりがん細胞の増殖を抑えたり死滅させる治療法です。
一般的に放射線療法は手術後に5~6週間かけて行われ、乳房内再発、リンパ節再発などが低下するというデータが出ています。

乳腺手帳

乳がんの手術後の補助療法として抗がん剤を投与する場合、通常3ヶ月から半年かけて行います。
乳がん全体でみてみると10年以内の再発率は30~40%程度といわれ、定期的に検診を受けることが望ましいです。
このように乳がんはある程度の時間をかけて根気よく治療する必要があります。

湘南記念病院 乳がんセンターでは各種検査データや体質、がんのタイプ、治療の方針などを記録できるようにするため、初診時に患者さま一人一人に乳腺手帳をお渡ししています。 治療が終るころには世界で一冊の乳腺手帳が出来上がっていることでしょう。

乳腺外来受診の際は乳腺手帳を忘れずにお持ちください。

乳がんカウンセリング

当院では、当院に通院・入院をしている患者さま及び、ご家族を対象として、乳がんのカウンセリングを行なっております。
病状への不安、手術への不安、再発の不安など、乳がんに関する様々な不安に対して専門の臨床心理学博士がカウンセリングを行ないます。

実施日:毎週月曜日 9時~17時
実施者:中本テリー 臨床心理学博士  カウンセラーについてはこちらから
場 所:当院 新棟1階 相談室(売店前)
申 込:完全予約制となります。フリーダイヤル0120-707-217よりお申込み下さい。
費 用

1単位(50分) 1単位(50分) 半単位(25分)
通院・入院の患者さま 6,480円 3,240円
一般の方 8,640円 4,320円

※ ご家族の方がカウンセリングをお受けになる場合、本人同席の場合は、通院・入院の患者さまと同様の費用となり、ご家族だけの場合は一般の方と同じ費用となります。

乳がん遺伝外来

乳がん遺伝外来について

昨今、遺伝性のがんについては約8%を占めていると考えられており、「遺伝性乳がん卵巣がん(HBOC)」の存在が日本でも話題となっております。遺伝性乳がんの患者さまやそのご家族で将来不安に感じられている方の為の外来として開設致しました。

遺伝子変異の存在が分かった場合、非常に高い確率で乳がんを発症します。その不測の事態に備えることで生命の安全が保たれ、存在がなければ安心した人生を過ごすことができると思います。

最近の医療技術では、遺伝子を検査して発症前の早期発見・治療が可能となって参りました。当センターもその遺伝子検査体制の整った医療機関です。また遺伝子に関する重要な個人情報の取り扱いとなる為、学会で認定された専門の医師が担当致します。

この外来は、まずカウンセリングから始まり、乳がん遺伝の知識や検査方法について理解を深め、精神的・肉体的・社会的影響を考慮した上で患者さまにとって最善のアドバイス・ケアを行って参ります。カウンセリングによって遺伝性乳がんが疑われる場合には、患者さま本人やご家族の希望により遺伝子を検査して遺伝性の体質であるかどうかを調べることが可能です。このように体質を知ることによって適切な治療を行っていくのが「乳がん遺伝外来」です。

対象者

●遺伝性乳がんに不安を感じる方
●乳がん患者さま
●乳がん患者さまのご家族で遺伝が心配な方

料金

カウンセリング外来(1時間以内) 15,000円(税別)
HBOC スクリーニング 250,000円(税別)
BRCAMLPA 50,000円(税別)
クイックHBOC 350,000円(税別)
HBOC シングルサイト 50,000円(税別)

お問い合わせ・ご予約

フリーダイヤル:0120-707-217
電話受付時間:10:00~17:00