HOME > 湘南記念病院乳がんセンター > 検診について

がん治療は早期発見することによってその後の生存率が大きく変わります。
その中でも乳がんは早期に発見し、適切な治療を施せば根治する確立が比較的高い種類のがんに分類されます。その要因として検診技術と設備の進歩、地方自治体が乳がん検診を取り入れてきていることなどがあげられます。

定期的に乳がん検診を受けたり、自己検診の習慣をつけて乳がんを早期に発見することをお薦めします。

マンモグラフィ検査

マンモグラフィとは乳房専用のレントゲン撮影のことで専用の撮影装置を使用して撮影されます。マンモグラフィは乳がんの早期発見にとても有効です。現在では多くの自治体の検診に取り入れられていますので、実際に受診されたことのある方も多いでしょう。

マンモグラフィは乳房をはさみこむような形で圧迫して撮影します。 触診で察知できないような小さな乳がんや石灰化した微細な乳がんも発見することができます。その反面、マンモグラフィの画像は独特で読影や撮影に繊細な技術を要するため、医師、技師ともに認定制度が設けられています。

湘南記念病院乳がんセンターではマンモグラフィ撮影技術講習会を修了した専属の女性技師が撮影にあたります。

また、撮影の際、乳房を圧迫することにより痛みを伴うことがありますが、より小さな病変を発見したり、放射線の被爆量を減らすために必要なことですのでご理解・ご協力ください。

エコー(乳房超音波検査)

乳房に超音波をあて、内部からの反射波を画像化する検査がエコー(乳房超音波検査)です。

エコーは病巣内部の診断に適しており、マンモグラフィと併用することにより、より正確に乳房の状態を把握することができます。また、X腺被爆の心配がないためより安全で容易に検査することができます。

湘南記念病院乳がんセンターでは、三次元画像の構築や血流の確認ができる精密なエコー装置を診察室に常備し、細胞診や針生検、マンモトーム生検の際に使用しています。

マンモトーム生検

乳房内のしこりや石灰化した組織をより詳細に検査するためには乳房内の組織の一部を採取する必要があります。
マンモトーム生検はマンモグラフィやエコーで乳房内の状態を確認しながら専用の針を乳房内に刺入して微量の組織を採取する検査法です。

乳房を切開するわけではないので、傷口は5mm前後と小さく縫合の必要がありません。また検査時間は30分~1時間程度で済むので外来で行えます。

湘南記念病院 乳がんセンターでのマンモトーム検査は予約制となっておりますので、まずは当センター乳腺外来を受診してください。

乳房の自己検診

がん治療において早期発見は非常に重要です。

乳房は体の外に露出しているので自分の目で確認したり、触診できます。そのため乳がんは他のがんと比べ、早期に発見しやすいと言われています。

日常生活でできる自己検診法を湘南記念病院 乳がんセンターの土井卓子先生が行った講演の中から自己検診を説明した部分を動画(2分21秒)でご紹介いたします。

自己検診をして少しでもおかしいと思ったら適切な治療機関での診察を受けましょう。

※右の枠内の画像にマウスを乗せるとコントローラーが現れます。コントローラーの再生(三角のボタン)を押すと動画を視聴できます。