HOME > 病院のご案内 > ご挨拶

先の理事長鈴木秀夫先生の後を受けて微力ながら湘和会湘南記念病院の理事長を務めさせていただいています。

業務の輪郭は把握してきたつもりですが、実際には院長をはじめ多くの職員の協力に助けられているのが現状です。
医療崩壊が話題になりはじめてから、社会保障の制度はますます混沌の世界に入り込んでおり、出口の判りにくい複雑な状況にあります。

当院は早くから地域に密着した医療を目指し、集中的に治療する病院という機能に加えて、連動して活動するクリニックを通して退院後のさまざまなお手伝いを実践して参りました。

今後も地域の要請に応えられるようさらに機能を強化しながら、改善努力を続けていく所存です。
ご家庭を病室にして、医師をはじめとする医療団が見守る、駆けつける、施術することで、心地よい暮らしを応援する仕組みをもっと普及させていきたいと考えています。

日本の少子高齢化傾向は今後も続くと思われます。そこで、国は医療の効率化のため高度急性期病院から地元医療機関への患者さまの流れをスムーズに行うこと、また居住地域内で医療の充実を目指すことを目的として地域包括ケアシステムの構築を進めています。その流れの中では急性期病床、回復期リハビリ病床、地域包括病床、療養病床といった入院機能のみならず、退院後の在宅における訪問診療、訪問看護との連係、行政との協力関係が重要となります。湘南記念病院はこれらすべての機能を有し、急性期から慢性期の病気まできめ細かく対応できるよう日々努めております。鎌倉を中心に、逗子、葉山、藤沢、横浜地区の医療、看護、介護との連携を深め地域医療に貢献してゆきたいと思います。

当院は常勤医師の異動が少ないことが特色です。医療で一番大切なことはお互いの信頼関係であり、主治医が代わらないということは大事なことです。

患者さまの診療の担い手が急性期病院から慢性期病院、診療所、在宅診療と変わっても、私達はそれぞれの場面でいつまでも、やさしく、あたたかく、信頼していただける医療を続けたいと思います。

よろしくお願い致します。

病院のご案内